千葉銀行は任意整理できる?千葉銀行の支払いが苦しい人必見

千葉銀行カード

「千葉銀行(ちばぎん)カードローンは任意整理できる?」
「任意整理をしたいと思ったらまず何をすればいいの?」

千葉銀行(ちばぎん)カードローン「クイックパワー<アドバンス>」で借りた借金が返済できなくなったとき、任意整理をすることはできるのでしょうか?

このページでは、千葉銀行(ちばぎん)カードローンの特徴や、返済が滞った場合どうなるか、任意整理には応じてくれるのかなどについて、ご説明します。

任意整理の無料3分診断

千葉銀行(ちばぎん)カードローンとは?

千葉県を中心に東京にも店舗を構える千葉銀行には、千葉銀行 (ちばぎん)カードローン「クイックパワー<アドバンス>」と呼ばれるカードローンがあり、千葉・東京・埼玉・茨城・神奈川などで借り入れが可能です。

銀行カードローンといえば、クレジットカード会社や消費者金融よりも利率が低いという特徴がありますね。

千葉銀行(ちばぎん)カードローンも年利1.7〜14.8%でという比較的低い金利でお金を借り入れることができます。

また、借入限度額は10万円〜800万円となっており、ほかの銀行カードローンよりも高額の貸付を行っていることが魅力です。

千葉銀行(ちばぎん)カードローンの特徴

千葉銀行(ちばぎん)カードローンには、ほかにもさまざまな特徴があります。

まず、千葉銀行の口座を持っている人であれば、インターネットで手続きを行うことができ、銀行へ足を運んだり、郵送物を送ったりする必要がありません。

そのため、気軽に申し込みができます。

次に、都市銀行やセブン銀行、ゆうちょ銀行、イオン銀行など、さまざまな銀行のATMと提携しているため、お近くのATMから借り入れや返済をすることができます。

さらに、定額制の自動返済システムが利用可能で、返済をし忘れる心配がありません。

支払い残高が10万円以下の場合は、毎月2,000円からの自動返済が可能で、以降は支払い残高に応じて最低額が変化します。

千葉銀行(ちばぎん)カードローンの審査に通りやすい人はどんな人?

千葉銀行(ちばぎん)カードローンから借金をするためには、以下のような条件を満たしている必要があります。

  • 正社員・パート・派遣社員問わず、収入があること(年金収入のみは不可)
  • ローン契約時の年齢が20〜65歳以内であること
  • 保証会社「エム・ユー・フロンティア信用保証株式会社」の保証を受けられること
  • 他にクイックパワーのカードローンの利用がないこと
  • 千葉銀行の営業範囲に住んでいる、あるいは勤務地があること

特に特徴的なのは、千葉銀行の営業範囲に住んでいるか、勤務している必要があることです。

具体的には、千葉・東京・埼玉・茨城・神奈川(横浜・川崎のみ)となります。以上の条件を満たしていれば、千葉銀行に口座を持っていない人でも借り入れが可能です。

千葉銀行(ちばぎん)カードローンの支払いを滞納するとどうなる?

金利が安く、高額の借り入れも可能とあって便利な千葉銀行(ちばぎん)カードローンですが、返済を滞らせてしまうとどうなるのでしょうか?

以下では、千葉銀行(ちばぎん)カードローンの支払を滞納した場合の対応についてご説明します。

<千葉銀行(ちばぎん)カードローンを滞納すると……>

  1. 電話で催促される
  2. 一括請求書が届く
  3. 保証会社による代位弁済と一括請求
  4. 訴訟をおこされ、財産を差し押さえられる

電話で催促される

千葉銀行(ちばぎん)カードローンの返済が支払日に間に合わなかった場合、まずは電話にて催促が行われます。

あなたが電話に出て、支払の目処を伝え、伝えたとおりに返済をすれば、それ以上大事になることはありません。

しかし、かかってきた電話を無視したり、明確な支払の目処を伝えられなかったりすると、場合によっては郵送物で「督促書」が送られてきます。

一括請求書が届く

催促の電話や督促書が届いたにもかかわらず、支払いせず無視をしていると、今度は自宅に「一括請求書」が届きます。

一括請求書とはその名の通り、借金の残高と利息、そして、延滞によって生じた遅延損害金を分割ではなく一括で支払うように求められた文書です。

一括請求書は普通の郵便物としてではなく、内容証明郵便として届くため、受け取れば千葉銀行側にあなたが受け取ったことの通知が行きます。

そのため「届いていない」「知らない」といった言い逃れができなくなるのです。

保証会社による代位弁済と一括請求

一括請求書を無視していると、今度は保証会社であるエム・ユー・フロンティア信用保証株式会社から「代位弁済通知書」が届きます。

代位弁済とは、返済できないあなたのために保証会社が変わりに銀行に返済をすることをいいます。代位弁済後は、銀行にではなく、保証会社に支払いの残高を返済することになります。

そのため、代位弁済が行われると、今度は保証会社から改めて借金の残高、利息、遅延損害金の一括返済を求められることになります。

訴訟を起こされて財産を差し押さえられる

保証会社からの一括請求に応じないと、保証会社から裁判を起こされることになります。

裁判の判決が出ると、保証会社が強制執行できるようになり、あなたの財産を差し押さえることによって、借金を回収しようとします。

判決が出てしまうとこれを覆すことは難しく、財産を失う結果になってしまうでしょう。

「借り入れ額」「借り入れ開始時期」「他の利用カード」によって、任意整理で分割できる回数は異なります。自分は任意整理するとどうなるか詳しく知りたい方は無料3分診断をご利用ください。

任意整理の無料3分診断

千葉銀行(ちばぎん)カードローンは任意整理が可能

上で述べてきたように、返済が難しいからといって、催促を無視し、郵送物を無視し続けていると、最終的には財産の差し押さえにあい、生活に悪影響が生じてしまいます。

そのため、借金の返済が困難になった段階で早めに対策を考えることが大切です。

まずは、債務整理のなかでも一番手軽な任意整理を検討してみましょう。

千葉銀行(ちばぎん)カードローンでは、任意整理の交渉に応じています。

任意整理とは、司法書士・弁護士事務所とカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)とが直接交渉することによって、利息と遅延損害金の免除、そして支払い期間の延長が可能になる債務整理です。

催促状や一括請求書が届いていても、裁判が行われていないのであれば、任意整理の手続きを行うことができ、支払いの分割が可能になります。

任意整理すると負担はどれくらい軽くなる?

たとえば、千葉銀行(ちばぎん)カードローンから年利10%で100万円の借金をしていた場合、通常に返済すれば月々の返済額は3万2,267円です。

しかし、任意整理の手続きを行った場合、利息が免除され元本だけを返済すればよくなるほか、支払期間が5年(60回払い)まで延長されるため、月々の返済額は1万6,666円で済みます(100万円÷60回払い)。

任意整理をすることにより、およそ16万円分の利息が免除されることになります。

また、任意整理では遅延損害金も免除できます。千葉銀行(ちばぎん)カードローンの遅延損害金は年利20%で、支払いが遅れると日割りで発生します。

たとえば、100万円の借金があるとき、支払いを30日間滞納すると、1万6千万円ほどの遅延損害金が発生します(100万円×20%÷365日(1年)×30日)。

任意整理をするとこの支払いがチャラになるため、負担はさらに軽減するわけです。

千葉銀行(ちばぎん)カードローン任意整理する場合の流れ

千葉銀行(ちばぎん)カードローンを任意整理しようと思ったら、まずは何から始めればよいのでしょうか?

以下では、任意整理手続きの大まかな流れについて、ご説明します。

<任意整理の流れ>

  1. 司法書士・弁護士事務所の無料相談に行ってみる
  2. 司法書士・弁護士事務所から千葉銀行へ受任通知を送付
  3. 借金の詳しい情報を調査
  4. 千葉銀行との交渉と和解
  5. 任意整理の完了と支払い開始

司法書士・弁護士事務所の無料相談に行ってみる

任意整理は自力で行うことは難しく、司法書士・弁護士に依頼する必要があります。

そこで、まずは司法書士・弁護士事務所の無料相談を予約し、実際に話を聞いてみましょう。

無料相談では、あなたの借金の状況や收入の状況に応じて、さまざまな債務整理を紹介・提案してくれるほか、債務整理をするにあたっての心配事や相談に応じてくれます。

相談の結果、「この人になら任せたいな」と思えたのであれば、任意整理を依頼しましょう。

司法書士・弁護士事務所から千葉銀行へ受任通知を送付

司法書士・弁護士に任意整理を依頼したあとは、ほとんどの手続きを司法書士・弁護士がしてくれるため、あなたがすべきことは特にありません。

司法書士・弁護士は依頼を受けると、まず千葉銀行へ「受任通知」と呼ばれる書類を送ります。

受任通知とはあなたが任意整理をすること、司法書士・弁護士がその依頼を受けたことを相手に伝えるための書類です。

この書類を受け取ると、千葉銀行はあなたへの支払いの催促をストップしなければならなくなります。

そのため、あなたは任意整理の手続きが終わるまで、しばらくの間、借金の支払いから開放されるのです。

この間に、任意整理の費用の支払いや、任意整理後の支払のための貯金をしておきましょう。

借金の詳しい情報を調査

受任通知を送ったとき、同時に千葉銀行へあなたの取引履歴を請求します。

取引履歴には、あなたがいつ、いくら借り入れたのか、返済状況はどうなのかなどが記載されています。

司法書士・弁護士はこれをもとに利息の引き直し計算を行い、借金の残高などを再確認します。

千葉銀行との交渉と和解

借金の残高を確認したところで、いよいよ司法書士・弁護士が千葉銀行と交渉を行います。

千葉銀行は任意整理の交渉に応じてくれることが多く、利息や遅延損害金の免除のほか、支払期間を5年間(60回払い)まで延長してくれます。

任意整理の完了と支払い開始

和解が成立したら、残った借金の返済がスタートします。

手続き前と比べて返済額も少ないため、負担が軽減したことを実感できるでしょう。

月々の返済額は最低額が決まっていますが、收入の多いときなど余裕があったときは前倒しで多めに支払うこともできます。

支払先は「千葉銀行」が指定した口座となります。

千葉銀行(ちばぎん)カードローンに過払い金が発生する可能性は?

千葉銀行(ちばぎん)カードローンは銀行カードローンのため、もともと過払い金は発生しません。

そのため、任意整理をすることで過払い金が戻ってくることはありません。

ただし、同じ「ちばぎん」の名がついていても、「ちばぎんJCBカード」のキャッシングの場合は別物であり、過払い金が発生している可能性があるため、注意しましょう。

「借り入れ額」「借り入れ開始時期」「他の利用カード」によって、任意整理で分割できる回数は異なります。自分は任意整理するとどうなるか詳しく知りたい方は無料3分診断をご利用ください。

任意整理の無料3分診断

千葉銀行カードローンを任意整理することによるデメリット

周りの人にバレにくく、借金の負担が軽減できる任意整理ですが、デメリットもあります。

以下では、主なデメリットについてご説明します。

ブラックリスト入りしてしまう

任意整理をすると、一時的にブラックリスト入りしてしまいます。ブラックリスト入りとは、個人信用情報に傷がつくことをいい、以下のようなことができなくなります。

<ブラックリスト入りするとできなくなること>

  • クレジットカードの使用・作成
  • ローンの新規契約
  • 親族や知人の借金の保証人になること
  • 携帯電話契約時の本体料金の分割支払い など

ただし、1度ブラックリスト入りしたら一生はずれないというわけではなく、5〜10年経過すればブラックリストから抹消され、以上のことが再びできるようになります。

千葉銀行(ちばぎん)カードローンから借り入れできなくなる

千葉銀行(ちばぎん)カードローンからの借金を任意整理すると、たとえブラックリストから外れたとしても、ふたたび千葉銀行から借金をすることは難しくなります。

これは、個人信用情報とは別に銀行が社内ブラックリストを持っており、一度任意整理などの債務整理をすると、そこに記録されてしまうからです。

まとめ

千葉銀行(ちばぎん)カードローンは利率が低く、高額を借り入れることができるとても便利なカードローンです。

借金が高額になり、返済が難しくなった場合には、催促を無視せず、まずは任意整理を検討しましょう。千葉銀行では、利息や遅延損害金の免除のほか、支払い期間の延長を認めてくれることもあります。

ただし、訴訟を起こされ裁判が行われてしまうと、任意整理の手続きができなくなってしまいます。

そのため、返済に困った段階で、なるべく早く司法書士・弁護士に相談しましょう。

相談!My任意整理TOP

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください