ジェイスコアは任意整理できる?ジェイスコアの借金が苦しい人必見

ジェイスコア

「ジェイスコアは任意整理できるのか?」
「ジェイスコアを任意整理する方法とは?」

ジェイスコアというサービスをご存知でしょうか?ジェイスコアとは、みずほ銀行とソフトバンクが提携して作った新しい金融機関です。

AIを使った独自審査を行うことで、これまでのカードローンやキャッシングとは、少し違った形のサービスを提供しています。

とはいえ、ジェイスコアも借金には変わりありません。

そのため、計画的に利用しなければ返済できなくなる可能性もあるでしょう。

場合によっては、任意整理などを行って借金問題を解決する必要も出てくると思います。

そこで気になるのが、「ジェイスコアの借金は任意整理できるのか?」という点ですが、ジェイスコアの借金も任意整理できますので安心してください。

今回は、ジェイスコアのサービス概要や、ジェイスコアの借金を任意整理する方法、メリット、デメリットなどについて紹介したいと思います。ジェイスコアの借金に苦しんでいる人は必見です!

任意整理の無料3分診断

新しい金融機関ジェイスコア(J.Score)

まず、ジェイスコアがどのようなサービスなのか、簡単に説明しておきます。

ジェイスコアとは

「ジェイスコア(J.Score)」とは、みずほ銀行とソフトバンク(SoftBank)が提携して作った新しい金融機関のことです。

ジェイスコアでは、両社の顧客データとAIスコアを使って顧客への融資内容を決めるという、非常にユニークな仕組みを採用しています。

これにより、これまでにない効率的な融資を実現できる、画期的なサービスを実現しているのです。

ジェイスコアのようにAIスコアを融資に利用する会社は、すでに欧米には数多く存在していますが、日本では初の試みとなっています。

AIスコア・レンディングとは

一般的な個人向けローン審査では、あなたの年収や職業などを判断して融資内容が決められますが、ジェイスコアではあなたの将来価値までも見定めるAI スコア・レンディングを利用して融資内容を決めます。

「AIスコア・レンディング」とは、AI(人工知能)が個人の信用力を点数化(スコア)してお金を貸付(レンディング)するシステムです。

つまり、AIスコア・レンディングは、AIがあなたの信用度を数値化することで、金利や限度額が自動的に決まるカードローン、キャッシングサービスともいえるでしょう。

このように、ジェイスコアはAIを導入することで、従来よりも精密なデータを利用できるとともに、審査の手間を省くことで、これまでにないようなサービス内容を実現しているのです。

ジェイスコアのサービス概要

ジェイスコアが提供するサービスの概要は、次の通りです。

  • 申込資格: 満20歳以上~満70歳以下
  • 実質年率(金利):年0.8%~12.0%
  • 利用限度額:最大1,000万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短即日
  • 振込手数料:なし
  • 担保・保証人:不要
  • 総量規制:対象(年収3分の1まで)
  • 自宅や勤務先への郵送物:なし

ジェイスコアでは、AIスコアの回答データが多くなるほど低金利になり、利用限度額が増える点が特徴です。

また、スマホのみで融資の申し込みが可能で、平日14時45分までに利用手続きが完了していれば、最短30分で銀行に振り込まれます。

ジェイスコアのメリットは、従来のローンとは異なり、AI スコア・レンディングによって、申し込み前に金利や借入可能額が分かる点や、申し込みや振り込みだけでなく、返済までスマホひとつで完結できる点です。

また、他社カードローンの年14%という金利に比べ、最高でも年12%と低金利な点もうれしいところでしょう。

つまり、手軽に低金利で融資してもらえる点が、ジェイスコア最大の差別化要素といえます。

いっぽう、ジェイスコアのデメリットとしては、総量規制によって借入残高に上限がある点が挙げられます。

そのため、あなたの借入希望額にマッチしない可能性もあるというわけです。

なお、「総量規制」とは、「貸金業法(カード会社【クレジットカード会社・消費者金融・銀行】を規制する法律)」に定められた「借入残高の合計が年収の1/3以上を超えてはならない」というルールになります。

ただし、借入残高に該当するのはあなたが貸金業者から借金する場合に限られるため、銀行のローンや法人融資などは対象外です。

「借り入れ額」「借り入れ開始時期」「他の利用カード」によって、任意整理で分割できる回数は異なります。自分は任意整理するとどうなるか詳しく知りたい方は無料3分診断をご利用ください。

任意整理の無料3分診断

ジェイスコアは任意整理できるのか?

結論から言えば、ジェイスコアの借金を任意整理することは可能です。通常の任意整理と同じように交渉できますので、

  • 将来的に発生する利息のカット
  • 遅延損害金のカット
  • 5年(60回)の分割払い

で合意できる可能性が高いでしょう。

なお、ジェイスコアからの借入期間が短い場合でも。対応してもらえます。

ジェイスコアを任意整理する方法・流れ

では、ジェイスコアの借金を任意整理するためには、具体的に何をすればよいのか説明します。

ジェイスコアの借金を任意整理する方法

ジェイスコアの借金を任意整理したい場合には、まず弁護士や司法書士の事務所に相談するようにしましょう。

「ジェイスコアの借金を任意整理したいので相談したい」旨を、メールや電話などで連絡すれば、簡単な相談なら実際に事務所に行かなくてもOKな場合も多いでしょう。

その際、

  • 借金をしたカード会社の内訳
  • 借金をはじめた時期
  • 借金の総額
  • 月々の返済額
  • 現在のあなたの収入
  • 毎月、現実的に返済可能な金額
  • 借金をした理由

などを質問されますので、回答できる準備をしておくと手続きがスムーズに進みます。

なお、相談だけであれば“無料”で実施している事務所も多いので、相談した結果に納得できたら、正式に手続きをお願いするという流れでもOKでしょう。

ジェイスコアの借金を任意整理する流れ

任意整理における手続きの流れは、次の通りです。

弁護士・司法書士に相談→委任契約

前述したように、まずは弁護士、司法書士などの専門家に、ジェイスコアの借金を任意整理したいと相談しましょう。

電話やメールのみでOKという事務所もありますが、正式に手続きをお願いする前には、実際に専門家と会って面談することをおすすめします。

相談した結果、任意整理を依頼することになった場合には、あなたと専門家との間で任意整理の「委任契約」を締結します。

受任通知の送付および、取引履歴の開示請求

専門家と委任契約を締結して正式に任意整理を依頼すると、専門家はジェイスコアに対して受任通知(あなたから任整整理の手続きを委任された旨が書かれた書類)を送付します。

受任通知がジェイスコアに届いた時点から、あなたに対する借金返済の督促行為が禁止されるため、任意整理が終わるまでは借金を返済する必要がありません。

そのため、この手続き期間中に、専門家に支払う費用や借金返済用の積み立てをはじめるのが一般的です。

また、受任通知の送付と同時に、ジェイスコアに対してあなたとの取引履歴の開示請求も行われます。

引き直し計算

ジェイスコアから取引履歴が開示されたら、専門家はその内容を確認して引き直し計算を行います。

引き直し計算とは、法定利息で借金を再計算することで、正しい借金額を算出する計算です。

正しい借金額が把握できたら、月々の返済額などジェイスコアと和解する内容を取りまとめて送付します。

なお、ジェイスコアの利息は法定範囲内のため、過払い金(カード会社に払い過ぎた利息)は発生しません。

和解交渉

専門家にジェイスコアと交渉を行ってもらいます。前述したように、ジェイスコアは任意整理の交渉には協力的に応じてくれますので、それほど心配はいらないでしょう。

和解契約の締結

ジェイスコアと和解内容に合意できたら、専門家と和解契約を締結します。

借金の返済開始

和解契約の内容に基づいて、基本60回(5年間)の分割払いで借金の返済をしていきます。

なお、返済のスタートは、専門家への費用を支払った後になるのが一般的です。ただし、専門家によって支払い方法が異なりますので、あらかじめ確認しておきましょう。

任意整理の費用はいくら?費用の相場を把握しておこう
任意整理の手続き期間と任意整理後の返済期間はどれくらい?
任意整理の流れと必要なもの|流れを事前に把握して不安を解消!!

「借り入れ額」「借り入れ開始時期」「他の利用カード」によって、任意整理で分割できる回数は異なります。自分は任意整理するとどうなるか詳しく知りたい方は無料3分診断をご利用ください。

任意整理の無料3分診断

ジェイスコアを任意整理するメリット・デメリット

任意整理すると毎月の返済負担が軽くなるメリットがある反面、デメリットも発生しますので、手続きに入る前に確認しておく必要があるでしょう。

ジェイスコアの借金を任意整理するメリット

前述した通り、任意整理のメリットは、

  • 将来的に発生する利息のカット
  • 遅延損害金のカット
  • 5年(60回)の分割払い

にすることで借金の返済負担を下げられる点です。

たとえば、100万円の借金を任意整理して5年返済(60回払い)で返済しようとすると、

  • 毎月の返済額:約16,667円
  • 支払い回数:60回
  • 利息:ゼロ

となるため、定期的な収入がある人であれば、無理なく返済できる金額といえるでしょう。

ジェイスコアの借金を任意整理するデメリット

任意整理すると、信用情報に事故情報として登録されるため5年程度の期間はカード会社から新たに借入できない状態になります。

これが俗に言う「ブラックリストに載る」という状態です。

なお、「信用情報」とは、あなたの年収や住宅の情報、勤務先の属性情報、公共料金などの支払い情報に加え、カード会社との取引履歴や債務整理の事実などが記録されたものです。

ブラックリストに載ると、

  • クレジットカードの利用や新規発行ができなくなる
  • 分割払い・リボ払いの利用ができなくなる
  • ローンの利用(自動車ローンや住宅ローンなど)ができなくなる
  • キャッシングの利用ができなくなる
  • ローンや奨学金の保証人になれなくなる

といったデメリットが発生します。

ただし、5年程度の期間が過ぎれば信用情報から事故情報が抹消されますので、再びカード会社から借入が可能になります。

ただし、任意整理の対象になったジェイスコアおよび、そのグループ会社であるみずほ銀行からの借入はできなくなるため注意が必要です。

ちなみに、これを「社内ブラック(カード会社が独自管理する顧客情報のこと)」と呼びます。さらに、みずほ銀行に口座を持っている場合には、口座が凍結される可能性も高いでしょう。

また、任意整理でカットしてもらえるのは、将来的に発生する利息だけで借金の元本は一切減額されません。

したがって、借金額が多い場合には、任意整理できない可能性がある点についても留意する必要があります。

任意整理のデメリットは5つだけ|本当はデメリットじゃないことも??
ブラックリストについて詳しくはこちら

「借り入れ額」「借り入れ開始時期」「他の利用カード」によって、任意整理で分割できる回数は異なります。自分は任意整理するとどうなるか詳しく知りたい方は無料3分診断をご利用ください。

任意整理の無料3分診断

まとめ

  • ジェイスコアの借金は任意整理可能
  • ジェイスコアの借金を任意整理するためには、弁護士や司法書士に手続きを依頼すればOK
  • ジェイスコアの借金を任意整理することで、将来的に発生する利息と遅延損害金のカット、60回の分割払いにしてもらえるメリットがある
  • ジェイスコアの借金を任意整理すると、ブラックリストに載る点が最大のデメリット
  • ジェイスコアの借金を任意整理すると、みずほ銀行からの借入ができなくなり、口座が凍結される可能性が高い

相談!My任意整理のTOPへ

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください