三菱UFJ銀行(バンクイック)からの借金は任意整理できる?

三菱東京UFJ銀行カード(バンクイック)

「三菱UFJ銀行(バンクイック)の任意整理の対応を知りたい」

現在、日本には借金の返済で経済的・精神的に苦しい思いをしている人が300万人以上いると言われています。

中には利息の返済だけで手いっぱいになってしまい、一向に元本の返済にたどりつかないといったケースもあります。

そんな方におすすめするのが任意整理です。

任意整理は、家族や会社に知られたり、車や家などの財産を失わずに返済額を減らすことができる方法です。

しかし、任意整理ができるカード会社とできないカード会社があったり、会社によって分割解すが違ったりと、金融会社ごとに対応の差があります。

メガバンクの1つである三菱UFJ銀行(バンクイック)のカードローンは任意整理できるのでしょうか?

この記事では三菱UFJ銀行(バンクイック)の任意整理について解説します。

任意整理の無料3分診断

三菱UFJ銀行(バンクイック)のカードローンの特徴

2006年に三菱銀行とUFJ銀行が合併してできたのが三菱UFJ銀行で、日本3大メガバンクの一角とされています。

取り扱っているカードローンは、『バンクイック』『マイカードプラス』の2種類です。

銀行のカードローンなので、総量規制(年収の1/3以上借りられない法律)の対象外となるため利用者が増えています。

しかし、保証会社にアコムがついているため、アコムの審査を通らないと利用できないというルールがあります。

特に利用者数が多い『バンクイック』の特徴を紹介します。

  1. 金利が低い
    利用額によって変動しますが、金利が年1.8%~14.6%と消費者金融に比べて低いです。
  2. ATM利用手数料無料
    借入も返済も全国のATMから可能で、その手数料が無料です。
  3. 最短審査30分審査
    最短30分審査結果がでるため、即日での利用が可能です。

これらの特徴から、バンクイックは便利且つ簡単にできるため利用者が多いのですが、その分使い過ぎて返済ができなくなってしまう人も多いです。

総量規制について詳しくはこちら

任意整理とは?

任意整理とは、債務整理手続きの一種です。

債務整理とは、借金の返済方法を、現在の収支に合わせて見直しを行う法律手続きの総称で、任意整理・個人再生・自己破産の三種類あります。

任意整理は、この中で最もリスクの少ない方法です。

より詳しく見ていきましょう。

任意整理は、ほかの債務整理(個人再生・自己破産)と違い、裁判所での手続きをとらずに返済の負担を減らすことができる方法です。

具体的には、カード会社に今後の利息(将来利息と言います)の免除を行ってもらう手続きのことで、

利息負担がなくなることによって、早期に借金を完済できるようになるわけです。

裁判所を介さないので、官報に名前が載ることもありません。

官報とは、どなたでも閲覧することが可能な、国が発行する広報誌(新聞)のようなものです。

従って、間違っても破産者マップのように第三者に知られるような状況に置かれないということです。

つまり、任意整理であれば、絶対に家族や会社に知られることもありません。

また、任意整理は一部の借金だけを対象に行うことも可能です。

例えば、車を手放したくない人は車のローンを任意整理の対象から外したり、保証人がついている借入(奨学金など)を整理から外すことも可能です。

このように、他の債務整理と比べて融通の利く任意整理ですが、リスクが少ない分、個人再生や自己破産と比べて、過払い金がない限りは元金が減ることはありません。

借金が大きくなりすぎて任意整理ができないという状況になる前に、早めに司法書士・弁護士に相談することをおすすめします。

任意整理とはなにか詳しく解説
車を残して任意整理はできる?

任意整理の手順

では、ここからは任意整理の手順について見ていきましょう。

任意整理を行うには司法書士か弁護士に依頼する必要があります。

まずはメールや電話で無料相談をしてみましょう。

依頼を受けた司法書士・弁護士は三菱UFJ銀行に任意整理を開始するという旨の通知を送ります。

すると、一時的に三菱UFJ銀行への返済がストップします。
(一般的にはここから弁済開始までの期間で司法書士・弁護士費用を支払います。費用は、債権者1社あたり4~5万円ほどが相場になります。)

その後、三菱UFJ銀行と司法書士・弁護士との間で任意整理の交渉が始まります。

この交渉の中で将来利息の免除や分割回数などの和解の内容が決まっていきます。

最終的に依頼から3~6ヶ月ほどで交渉が終了し、和解した内容での返済が始まります。

任意整理の費用はいくら?費用の相場を把握しておこう
任意整理の流れと必要なもの|流れを事前に把握して不安を解消!!

「借り入れ額」「借り入れ開始時期」「他の利用カード」によって、任意整理で分割できる回数は異なります。自分は任意整理するとどうなるか詳しく知りたい方は無料3分診断をご利用ください。

任意整理の無料3分診断

三菱UFJ銀行のカードローンは任意整理できるのか?

できます。

具体的に見ていきましょう。

まず、三菱UFJ銀行からの借金に任意整理を行った場合、保証会社のアコムが代位弁済(あなたの代わりに三菱UFJ銀行に返済すること)します。

これによって借金の請求をできる権利がアコムに移るので、あなたが依頼した司法書士・弁護士とアコムが交渉することになります。

ご自身の収支状況にもよりますが、取引(返済)期間の長さに比例して最長48回(4年)まで分割払いを受け付けており、将来利息の免除も可能です。

万が一滞納があった場合でも柔軟に対応してくれるため、任意整理は可能です。

しかし、一般的に任意整理の際に行われる過払い金の引き直し計算は行われません。

三菱UFJ銀行を含め銀行は、利息制限法(利息の上限を定めた法律)に則った利息を設定しているため、過払い金発生の可能性はないのです。

任意整理のデメリット

比較的リスクの少ない任意整理ですが、多少のデメリットはあります。

まず一つ目に任意整理を行うと信用情報に事故歴が残ります(ブラックリスト)。

任意整理でのブラックリストは、登録期間が5~7年ほどあるので、その間お金を借りる行為をすることができません。

具体的には以下が挙げられます。

  • クレジットカードの利用ができない
  • 子供の学校の奨学金の保証人になることがでいない
  • 住宅ローンや車のローンが組めない
  • 後払いのETCカードが使えない
  • 家族カードで親カードに任意整理を行うと、他の家族が持っている子カードは使えなくなる
  • 引越しをするときに一部の保証会社の審査に落ちる
  • 携帯の機種代金を分割払いで買えなくなる(一括払いであれば機種変更可能)

なお、よくインターネット上では、バンクイックの任意整理を行うと三菱UFJ銀行の預金口座が凍結する、という記載を見かけますが、

バンクイックを任意整理しても口座は凍結されません。

原則、銀行に任意整理した場合は対象銀行のすべての口座は凍結されるのですが、三菱UFJ銀行のバンクイックを任意整理して口座が凍結されるのは、第二リテールアカウント支店で口座を持っている場合のみです。

ただし、第二リテールアカウント支店はバンクイックカードローンの専門支店のようなものですので、実際この支店で口座を持っている人はいないため、結局は全口座は凍結されないということなのです。

ただし、バンクイック以外の商品、例えばマイカードなどで借入をしていると原則通り口座は凍結されてしまうので、注意しましょう。

任意整理のデメリットは5つだけ|本当はデメリットじゃないことも??
任意整理をしても携帯電話・スマホは使える?機種変はできる?
ブラックリストを丸裸!任意整理のデメリットまとめ

任意整理の注意点

司法書士や弁護士の選び方には注意が必要です。

例えば、費用の相場(カード会社1社あたり4~5万)を大幅に超過する事務所(1社7~8万円以上など)は避けたほうがいいでしょう。

任意整理の費用は、司法書士会や弁護士会で1社あたり5万円までと決められています。

また、初回の相談料が発生する事務所もおすすめはしません。

無料にしているところが多い中で、相談料が発生するような事務所は、まだ依頼するかどうか決めていない相談者のことを考えてくれているとは言えません。

依頼する司法書士・弁護士を選ぶ際には、事前のリサーチや電話・メールの対応時の印象などを手掛かりにして、慎重に信頼できるところを探しましょう。

任意整理はどこに依頼をすればいいの?

「借り入れ額」「借り入れ開始時期」「他の利用カード」によって、任意整理で分割できる回数は異なります。自分は任意整理するとどうなるか詳しく知りたい方は無料3分診断をご利用ください。

任意整理の無料3分診断

まとめ

三菱UFJ銀行のカードローンは、『バンクイック』『マイカードプラス』共に任意整理することができます。

もし借金の返済で生活が苦しいと感じているなら、任意整理することをおすすめします。

この判断が遅くなると、結果として個人再生や自己破産をせざるを得ない状態に陥り、財産を手放すことになるかもしれません。

そうなる前に比較的リスクの少ない任意整理を行えば、一刻も早く生活を再建することができます。

ひとりで抱え込まずに専門家に包み隠さず相談することから始めてみましょう。

相談!My任意整理のTOPページへ

執筆者情報

司法書士・行政書士 山口 広樹
司法書士・行政書士  山口 広樹

横浜市出身で司法書士・行政書士15年目。
かながわ総合法務事務所の代表。
債務整理や過払い金請求を専門にし、累計の解決実績5000件以上。

・司法書士(神奈川県会2376号)
神奈川県司法書士会の会員ページはこちら

・行政書士(神奈川県会4407号)
日本行政書士会連合会の会員検索ページはこちら

かながわ総合法務事務所のHPはこちら
ブログはこちら