任意整理の費用はいくら?相場の費用を把握しておこう!!

借金

「任意整理をしたいけど費用はいくらぐらい…?」
「任意整理の費用が支払えるか心配…」
「弁護士事務所から提示された費用は適正なのかな?」

任意整理を司法書士・弁護士に依頼すると、依頼費用が発生します。

どのくらいの金額がかかるのか、いつ・どのように払うのか気になる人も多いでしょう。

ここでは、任意整理の費用について相場感をもとに詳しく説明していきましょう。

任意整理の無料3分診断

任意整理の費用は2種類

任意整理の費用には、相談費用・依頼費用の2種類が存在します。

相談費用

任意整理を検討する際に、まず司法書士事務所や弁護士事務所に相談することになりますが、この際に相談費用が発生する事務所があります。

任意整理を含む債務整理(借金整理)の場合、相談費用は無料であることが一般的ですが、なかには、一時間5,000円などの費用が発生する事務所も存在します。

あくまでも傾向ですが、債務整理を殆ど扱っていない事務所の方が、相談費用が発生しがちです。

よって、相談料が発生する=債務整理の対応が良い、というわけではないことは頭にいれておきましょう。

むしろ、無料相談を受けている事務所の方が、債務整理に精通している可能性が高いため、相談を無料で受けてくれる事務所を探した方がよいかもしれません。

依頼費用

任意整理は、カード会社(銀行・消費者金融・クレジットカード会社)と依頼した事務所が交渉することにより、無理のない返済計画に組み直すことを指します。

任意整理では、各カード会社と交渉を行うため、カード会社1社ごとに費用が発生します。

任意整理するカード会社が、2社なら2社分の費用、5社なら5社分の費用というわけです。

つまり、任意整理の費用は、カード会社との交渉代行費用と言い換えることが出来るでしょう。

任意整理依頼費用の相場って?

まず、

「任意整理を依頼するのに数十万円かかるのではないか」

こんな心配はいりません。

任意整理の依頼費用は、カード会社の数に依存するため、使っているカードが10枚や20枚もあれば、それなりの金額にはなっていくでしょうが、任意整理の依頼費用は、カード会社(消費者金融・クレジットカード会社・銀行)1社の手続きで2万円~5万円ぐらいが相場です。

「5万円以上の依頼費用のところはないの?」

という点については、基本的にはないといっておきましょう。

任意整理の手続きができるのは、一般的に司法書士か弁護士になりますが、各司法書士会や弁護士会の基準(ガイドライン)で、任意整理の基本費用は1社5万円までと決められているのです。

中には、8万円、10万円という事務所もあるようですが、これは基本的に上記のガイドラインに従っていないですし、少しダークな事務所でしょう。

安いところでは2万円~3万円、普通のところで3万円~4万円、高いところで4万円~5万円、論外で5万円越えと説明すると分かりやすいでしょうか。

一般的に、弁護士よりも司法書士の方が、依頼費用は安い傾向にあり、司法書士への任意整理依頼費用はカード会社一社当たり3万円前後、弁護士へ依頼費用は5万円前後が相場です。

例えば、カード会社5社の任意整理をするとこんなに変わっていきます。

  • 1社あたり2万円の事務所:2万円×5社=10万円
  • 1社あたり3万円の事務所:3万円×5社=15万円
  • 1社あたり4万円の事務所:4万円×5社=20万円
  • 1社あたり5万円の事務所:5万円×5社=25万円

「どのカード会社から」「総額いくら」「いつから」借り入れているかによって、任意整理によって分割できる回数は変動します。自分は任意整理するとどうなるか詳しく知りたい方は無料3分診断をご利用ください。

任意整理の無料3分診断

費用が安ければ良いというものでもない

任意整理の依頼では、サービスの違いもあるので、一概に「費用が安いからいい」といえるわけでもありません。

例えば、信頼感抜群のきれいなオフィスと怪しい雑居ビルに入っている事務所ではコストも違います。

夜間まで営業している事務所であれば、人件費もよりかかっていきます。

また、メールでの対応や郵送で細やかに対応してくれるなどオードメイド型に手続きをしてくれる事務所は、それなりのコストもかかってくるでしょう。

例えば、2万円でも細かい話は聞いてくれない、平日は18時までで土日は休業。最低利息だけカットする任意整理、分割交渉には時間をかけないという事務所であれば、2万円は安くもないかもしれません。

反対に、4万円でも平日夜間・土日対応、スタッフもとても優しく感じよく教育されていて、心の底から安心して依頼をできる、任意整理の実績もものすごいようなところであれば、一生に一度の大事な手続きと考えれば妥当な値段かもしれません。

任意整理の費用は割りに合うのか?

任意整理をすると依頼費用が発生しますが、そもそもこの依頼費用を支払ってでも任意整理する価値があるのか、一番気になるところではないでしょうか。

例を出しますので、割りに合うのか確認してみてましょう。

あなたが、カード会社6社から合計300万円の借金をしていたとします。

カード会社6社を任意整理すると、依頼費用の相場から考えると、12万円~30万円が任意整理の費用になります。

それでは、任意整理せずに支払い続けるとどうなるでしょう。

一般的に、新たな借り入れを一切しなかったとしても、300万円の借金を完済するころには、400万円~450万円を支払うことになります。

元金との差額である、100万円~150万円が利息分というわけです。

任意整理を行うと、将来利息のカットが見込めますので、この100万円~150万円がゼロにできるということですね。

つまり、ここまでを統合すると、任意整理の費用12万円~30万円を支払うことで、借金を100万円~150万円減額できることから、十分割に合うことが理解できるのではないでしょうか。

任意整理を検討する方たちは、複数のカード会社から借り入れしていることが多いため、任意整理の依頼費用はどうしても重みがちです。

仮に依頼費用が20万円となると、少し敬遠してしまうかもしれません。

しかし、任意整理しなければ、結果的にその数倍の額を支払うことを考えると、任意整理の依頼費用には十分価値があります。

また、任意整理には、一時的に返済をストップできることも魅力の一つです。

任意整理を依頼してから手続きが完了するまでの期間は約6ヵ月程度。

この返済がストップしている期間を上手く活用し、公共料金や税金の支払い遅れを取り戻すなど、生活を立て直すことができるというわけです。

更には、任意整理をすると、多くのカード会社で60回払いを受け付けてくれます。

つまり、元本を60回払いすればよいため、月々の返済額がガクッと下げられるわけです。

一つの目安として、多くのケースで、現状の月々の返済額を半分程度まで減額できる可能性があります。

任意整理について詳しくはこちら
任意整理のデメリットを完全網羅!!

「どのカード会社から」「総額いくら」「いつから」借り入れているかによって、任意整理によって分割できる回数は変動します。自分は任意整理するとどうなるか詳しく知りたい方は無料3分診断をご利用ください。

任意整理の無料3分診断

任意整理の費用の注意点

任意整理の費用で注意したいのは、任意整理後の支払いを司法書士事務所や弁護士事務所が代行するのが必須となっているような場合です。

一見すると、返済を代行してくれるのは、非常に優しいシステムにも見えますが、ここで大きな費用をとっている事務所は要注意です。

司法書士会や弁護士会のガイドラインでは、任意整理での返済代行手数料は1社につき1000円の費用までと決まっています。

これを超える費用をとっているような場合は、少しまずいかもしれません。

例えば、カード会社5社の任意整理を依頼して、その後も返済管理を行うのであれば、月に1000円×5社の5000円までが費用として許された金額です。

これを月に1万円や2万円をとっている事務所は、任意整理の基本費用を1社5万円越えでとっている悪質な事務所と変わらないので注意しましょう。

銀行の自動振り込みを活用しよう

返済代行を活用すると、返済の管理をしてもらえるため便利ですが、費用が発生してしまいます。

5社だと5,000円程度もかかってしまうため、そのようなお金はできる限り使うべきではないと考えます。

なぜなら、たかが5,000円でも60ヵ月経過すると、30万円もかかりますからね。

そこで、銀行の自動振り込みというシステムを活用しましょう。

自動振り込みとは、1回振り込み設定しておけば、毎月同じ日に同じ金額を他の銀行口座に振り込んでもらえるサービスのことであり、返済代行と同じです。

お給料日に自動振り込みを設定しておけば、忘れることもありませんし、お金が無くて支払えないなんてこともでないでしょう。

ただし、一般的には振込手数料が100円~500円程度の幅でかかってくるため、振込手数料が無料の銀行を紹介しておきましょう。

  • 住信SBIネット銀行
    無条件で月1回は他行宛振込手数料が無料で、よく使うようであれば月15回まで他行宛振込手数料が無料です。
  • 楽天銀行
    給料受取口座に指定していると他行宛振込手数料が無料
  • イオン銀行
    イオン銀行のMyステージランクがシルバー以上であれば他行宛振込手数料が無料
  • GMOあおぞらネット銀行
    毎月1回は他行宛振込手数料が無料

「どのカード会社から」「総額いくら」「いつから」借り入れているかによって、任意整理によって分割できる回数は変動します。自分は任意整理するとどうなるか詳しく知りたい方は無料3分診断をご利用ください。

任意整理の無料3分診断

任意整理の費用は分割払いが一般的

「カードの支払いをしながら任意整理の費用が支払えるか心配…」

こんな不安もあるでしょうが、安心してください。

今支払っているカードの支払いと任意整理の費用はかぶりません。

なぜかぶらないか、からくりはこんなかたちです。

任意整理の依頼をする

    ↓

今支払っているカードの支払いはいったん停止

    ↓

任意整理の費用を分割で数ヶ月支払う

    ↓

任意整理の費用の支払い終わる

    ↓

カード会社へ任意整理の返済を始める

こんなイメージです。

うまくカードの支払いと任意整理の費用の支払いがかぶらないようにできています。

具体的な例をみていくともっと分かりやすいはずです。

[Aさんの例]

  • エポス(100万円)
  • ニコス(50万円)
  • セゾン(50万円)
  • 三井住友銀行(50万円)
  • 三菱東京UFJ銀行(50万円)

→ 5社合計額:300万円

任意整理費用5社で15万円(税込み16万2000円)の場合の例。

16万円2,000円を3ヶ月の分割払いに。1ヶ月あたり54,000円の費用の支払い。

◆2018年1月10日
計5社の任意整理手続きを依頼
カード会社の支払いはいったん停止になる。

◆2018年1月25日
Aさんの給料日。
第一回目の費用54,000円の支払い。

◆2018年2月25日
Aさんの給料日
第二回目の費用54,000円の支払い。

◆2018年3月25日
Aさんの給料日
第三回目(最終回)の費用54,000円の支払い
費用16万2,000円の支払い終了

◆2018年4月25日
任意整理の支払いスタート。
月々のカード会社への支払金額は毎月5万円。

「費用の分割払いの金額は毎月いくらになるの?」

という疑問がある方もいるかもしれませんが、分割払いの金額は〝任意整理で支払いをしていく金額〟がベースになっていきます。

任意整理で支払っていく予定の金額が、2万円なら費用の分割払いの金額も2万円前後、3万円なら3万円前後といったようになるわけです。

任意整理の流れを分かりやすく解説

「どのカード会社から」「総額いくら」「いつから」借り入れているかによって、任意整理によって分割できる回数は変動します。自分は任意整理するとどうなるか詳しく知りたい方は無料3分診断をご利用ください。

任意整理の無料3分診断

まとめ

・任意整理の依頼費用の相場は、カード会社1社あたり3~5万円
・費用対効果は、立地・対応・実績等で変わってくる
・返済代行をしている事務所には注意が必要
・任意整理費用の支払いは、返済が始まる前に分割払い

相談!My任意整理のTOPページへ