任意整理費用の相場は?1社3~5万円が通常

「任意整理をしたいけど費用はいくらぐらい…?」
「依頼する事務所から提示された費用は適正…?」

任意整理を司法書士・弁護士に依頼すると、依頼費用が発生します。

どのくらいの金額がかかるのか、いつ・どのように払うのか気になる人も多いでしょう。

ここでは、任意整理の費用について相場感をもとに詳しく説明していきます。

任意整理の費用は2種類

任意整理の費用には、相談費用・依頼費用の2種類が存在します。

相談費用

任意整理を検討する際に、まず司法書士や弁護士に相談することになりますが、この際に相談費用が発生する事務所があります。

任意整理を含む債務整理(借金整理)の場合、相談費用は無料であることが一般的ですが、なかには、一時間5,000円などの費用が発生する事務所も存在します。

あくまでも傾向ですが、債務整理に不慣れな事務所の方が、相談費用が発生しがちです。

よって、相談料が発生する=債務整理の対応が良い、というわけではないことは頭にいれておきましょう。

むしろ、無料相談を受けている事務所の方が債務整理に精通している可能性が高いため、まずは無料相談を行っている事務所にいくつか相談を行い、それでも手ごたえがいまいちである場合は有料相談を検討する、という流れが良いでしょう。

依頼費用

任意整理は、カード会社(銀行・消費者金融・クレジットカード会社)と依頼した事務所が交渉することにより、無理のない返済計画に組み直すことを指します。

任意整理では、各カード会社と交渉を行うため、カード会社1社ごとに費用が発生します。

任意整理するカード会社が、2社なら2社分の費用、5社なら5社分の費用というわけです。

つまり、任意整理の費用は、カード会社との交渉代行費用と言い換えることが出来るでしょう。

任意整理依頼費用の相場って?

まず、

「任意整理を依頼するのに数十万円かかるのではないか」

こんな心配はいりません。

任意整理の依頼費用は、カード会社の数に依存するため、使っているカードが10枚や20枚もあれば、それなりの金額にはなっていくでしょうが、任意整理の依頼費用は、カード会社(消費者金融・クレジットカード会社・銀行)1社の手続きで3万円~5万円ぐらいが相場です。

「5万円以上の依頼費用のところはないの?」

という点については、基本的にはないといっておきましょう。

任意整理の手続きができるのは、一般的に司法書士か弁護士になりますが、各司法書士会や弁護士会の基準(ガイドライン)で、任意整理の基本費用は1社5万円までと決められているのです。

中には、8万円、10万円という事務所もあるようですが、これは基本的に上記のルールに従っていない事務所といえるでしょう。

2万円以下で激安、3万円~5万円が平均、6万円~8万円だと少々高い、超高額で10万円越えと説明すると分かりやすいでしょうか。

例えば、カード会社5社の任意整理をするとこんなに変わっていきます。

  • 1社あたり3万円の事務所:3万円×5社=15万円
  • 1社あたり5万円の事務所:5万円×5社=25万円
  • 1社あたり8万円の事務所:8万円×5社=40万円
  • 1社あたり10万円の事務所:10万円×5社=50万円

費用が高ければ良いというものでもない

任意整理の依頼では、一概に「費用が高ければいい待遇が受けられる」といえるわけでもありません。

費用が6~8万円以上の事務所は、傾向的に大規模な広告展開を行っている事務所で合ったり、全国に支店展開している事務所にみられます。

つまり、広告のコストや、全国のテナント代、人件費などが費用本体に上乗せされているというイメージです。

従って、費用が高い=任意整理の効果が高いというわけではありません。

任意整理の効果に違いがあるかを確かめたい場合は、各事務所の無料相談を活用しましょう。

相談を通して各事務所が提示する任意整理の効果の差や、司法書士・弁護士やスタッフの対応、そして費用を比べご自身がしっくりくる事務所を見つけてみてください。

任意整理の費用は割りに合うのか?

そもそも依頼費用を支払ってでも任意整理をして得はあるのでしょうか。

例えば、カード会社6社から、合計300万円の借金をしていたとします。

カード会社6社を任意整理すると、依頼費用の相場から考えると、20万円~30万円程度が考えられます。

それでは、任意整理せずに支払い続けるとどうなるでしょう。

新たな借入れを一切しなくても、300万円の借金を5年で完済するには、400万円~450万円程度は支払うことになります。

元金との差額である、100万円~150万円が利息分というわけです。

任意整理を行うと、この100万円~150万円が減らせます。

つまり、任意整理の費用20万円~30万円を支払っても返済を100万円~150万円減らせるため、差額である80~120万円を削減できるメリットがあります。

また、任意整理をすると、多くのカード会社で60回払いを受け付けてくれます。

つまり、元本を60回払いすればよいため、月々の返済額がガクッと下げられるわけです。

一つの目安として、多くのケースで、現状の月々の返済額を半分程度まで減額できる可能性があります。

任意整理について詳しくはこちら
任意整理のデメリットを完全網羅!!

任意整理の費用は分割払いが一般的

「任意整理の返済と任意整理の費用が支払えるか心配…」こんな不安があると思いますが、

任意整理の返済と任意整理の費用の支払いは重複しないよう調整しますのでご安心ください(返済と費用の二重払いなし)。

なぜかぶらないか、からくりはこんなかたちです。

任意整理の依頼をする

    ↓

今支払っているカードの支払いはいったん停止

    ↓

任意整理の費用を分割で数ヶ月支払う

    ↓

任意整理の費用の支払い終わる

    ↓

カード会社へ任意整理の返済を始める

こんなイメージです。

うまくカードの支払いと任意整理の費用の支払いがかぶらないようにできています。

具体的な例をみていくともっと分かりやすいはずです。

[Aさんの例]

  • エポス(100万円)
  • ニコス(50万円)
  • セゾン(50万円)
  • 三井住友銀行(50万円)
  • 三菱東京UFJ銀行(50万円)

→ 5社合計額:300万円

任意整理費用5社で25万円(税込み27万5000円)の場合の例。

27万5000円を5ヶ月の分割払いに。1ヶ月あたり5万5000円の費用の支払い。

◆2022年1月7日
計5社の任意整理手続きを依頼
カード会社の支払いはいったん停止になる。

◆2022年1月25日
Aさんの給料日。
第一回目の費用5万5000円の支払い。

◆2022年2月25日
Aさんの給料日
第二回目の費用5万5000円の支払い。

◆2022年3月25日
Aさんの給料日
第三回目の費用5万5000円の支払い

◆2022年4月25日
Aさんの給料日
第四回目の費用5万5000円の支払い

◆2022年5月25日
Aさんの給料日
第五回目の費用5万5000円の支払い

◆2022年6月25日
任意整理の支払いスタート。
月々のカード会社への支払金額は毎月5万円。

「費用の分割払いの金額は毎月いくらになるの?」

という疑問がある方もいるかもしれませんが、分割払いの金額は〝任意整理で支払いをしていく金額〟がベースになっていきます。

任意整理に支払い予定額が5万円なら、費用の分割払いの金額は5~6万円、7万円なら8~9万円といったようになるわけです。

任意整理の流れを分かりやすく解説

まとめ

・任意整理の依頼費用の相場は、カード会社1社あたり3~5万円
・費用対効果は、立地・対応・実績等で変わってくる
・返済代行をしている事務所には注意が必要
・任意整理費用の支払いは、返済が始まる前に分割払い

相談!My任意整理のTOPページへ

執筆者情報

司法書士・行政書士 山口 広樹
司法書士・行政書士  山口 広樹

横浜市出身で司法書士・行政書士15年目。
かながわ総合法務事務所の代表。
債務整理や過払い金請求を専門にし、累計の解決実績5000件以上。

・司法書士(神奈川県会2376号)
神奈川県司法書士会の会員ページはこちら

・行政書士(神奈川県会4407号)
日本行政書士会連合会の会員検索ページはこちら

かながわ総合法務事務所のHPはこちら
ブログはこちら