任意整理と自己破産の違いを徹底解説!!

任意整理と自己破産の違い

「任意整理と自己破産、どっちがいいの?」

「そもそも任意整理がよくわからない」

「債務整理=自己破産ってイメージなんだけど」

債務整理といっても多種多様で、毎月の利息が無くなり元金だけを返済すればよくなるものから、元金自体の支払いを無くしてしまうものまで様々です。

それぞれの手続きには一長一短があるので、よく理解した上でご自身に合った選択をすることが重要です。

任意整理って言葉は聞いたことはあるけど、どのようなものかわからない。

また、破産と聞くとデメリットが気になる方も多いのではないでしょうか。

そんな人のために、債務整理の中の任意整理と自己破産の違いについて紹介していきましょう。

任意整理の無料3分診断

任意整理と自己破産の概要


任意整理は、司法書士や弁護士に依頼して債権者(消費者金融、クレジットカード会社、銀行など)との間に入ってもらい、返済方法について交渉してもらう手続きです。

これにより、借金に対して将来かかる利息をカットして3~5年で返済できるようになります。

将来かかる利息とは、今まさに毎月のように支払っている利息であり、完済まで発生し続ける利息のことを指します。

司法書士、弁護士の介入

自己破産は、司法書士や弁護士に依頼して裁判所に破産を申請し、保持している財産を処分してお金に換え返済にあてる手続きです。

それでも返済できない分の借金は帳消しになります。簡単に言ってしまうと、自己破産は借金をゼロにできるということです。

次に細分化して任意整理と自己破産の違いを見ていきましょう。

自己破産について詳しくはこちら
任意整理について詳しくはこちら

任意整理と自己破産の詳細な違い

任意整理と自己破産の違い比較

手続き方法での違い

・任意整理
司法書士か弁護士に依頼します。
任意整理は裁判所を通さない手続きで、司法書士か弁護士が直接債権者と交渉をします。

・自己破産
ご自身または司法書士か弁護士にし、裁判所に申し立てをします。
個人でも手続き可能ですが、手間や時間がかかるので依頼するのが一般的です。

減額効果での違い

・任意整理
支払ってきた金利が法律で決められた利率よりも高ければ、その分を元金から差し引きます(過払い金)。
その後、債権者と交渉し、今後発生するの金利をカットするための交渉を行い和解します。
和解後は上記の残額を支払っていくことになります。

・自己破産
返済義務がなくなるので、借金は全て免除になります。

完済までの期間での違い

・任意整理
3~5年(カード会社によっては6~8年)の分割払いで完済することになります。

・自己破産
手続きに3~12ヶ月かかりますが、返済義務はありません。

対象債務での違い

・任意整理
債権者を選択して手続きすることができます。
住宅ローンや保証人がいる奨学金、車の引き上げを避けたい自動車ローンなど、債務整理を望まない借入先は対象外とるることが可能です。

・自己破産
本人の希望は関係なくすべての借金が対象となります。
つまり、住宅ローンがあった場合は自宅は競売へ、奨学金は保証人へ督促対象が代わり、ローンが残っている車はほとんどの場合引き上げられてしまいます。

任意整理なら車を残せる

残存財産での違い

・任意整理
手続きで決まった金額を毎月返済すれば、他の財産は全て残ります。

・自己破産
基本的にはほとんどの財産を失います。
ただし、99万円以下の現金や、20万円以下の財産、その他法律で定められている生活をするのに最低限必要なものは残せます。
2ヶ月分の生活費、服、寝具、食料、印鑑、仏壇、書類等がこれにあたります。

周囲にバレるかどうかの違い

自己破産は、裁判所を通して行う債務整理です。
裁判所に申し立てを行うため、以下の点で秘密にしにくいという理由があります。

①必要書類が多い
預金通帳や保険証券、給与明細、児童手当など公的な扶助を得ている場合はその証明などの書類が必要になり、「妻が書類や家計を管理している」という理由で提出を拒否することはできません。

②自宅宛に郵便物が届かなくなる
破産手続きには、大きく分けて同時廃止事件・管財事件、という2種類の手続きがあり、借入原因にギャンブルや投資(株・FX等)が含まれていたり、財産有無などによってどちらの事件で行うかが決定します。管財事件の場合、手続き中は破産管財人宛に郵便物がすべて送付されてしまいます。

③官報に掲載がされる
原則2回、官報という一般公開されている国が発行する新聞のようなものに、住所・氏名が掲載されます。
その他、奨学金など保証人がいる借入がある場合、保証人に請求がなされます。また、破産手続きを進める場合、車や家のローンも対象とし引き上げや競売対象となりますので、環境の変化によりバレる可能性はでてくるでしょう。

任意整理の場合は、裁判所を通さずに行う手続きのため、以上のような点はなく、確実に周囲や家族に秘密にできる手続きと言えるでしょう。
また、任意整理は、整理を行う借入を選ぶことができますので、保証人がついている奨学金や車・家のローンは、整理から除外をすれば、保証人に請求がなされる・車が引き上げられてしまう、などの事態は避けることができます。つまり、任意整理で周囲にバレる可能性は全くありません。

ブラックリスト

・任意整理、自己破産
どちらの手続きを行っても信用情報に事故情報として記録されます。(ブラックリストに載ることを指します。)
任意整理の場合は5~7年、自己破産の場合で5~10年はクレジットカードの使用ができなくなります。
ブラックリストに載ると、新たな借金や、クレジットカードの利用・新規作成が一切できなくなりますので、不便な生活になるかもしれません。
ただし、ブラックリストから外れると、以前のようなクリーンな状態に戻りますので、また借金やクレジットカードが使用できるようになります。

ブラックリストについて詳しくはこちら

仕事への影響による違い

・任意整理
特にありません。
就職・転職も問題ないですし、職場にバレることもありません。

・自己破産
手続きが完了するまでの間、警備員・保険営業・宅建士などの特定の仕事が出来なくなってしまいます。

職場にバレずに任意整理できる?

適用条件による違い

・任意整理
いくらの借金からや、何社以上の借金があれば等の決まりが法律上ありませんが、最低限借金残額(元本)を3~5年の分割で支払っていく収入が必要です。

・自己破産
支払不能の状態であること。
任意整理同様、いくらの借金からや、何社以上の借金があれば等の決まりが法律上ありません。
債務者の年齢、職業、収入、財産、借金額等のトータルで判断されます。
任意整理と自己破産のどちらが良いかは具体的な収支や財産の状況、同居家族の状況、そしてご本人の希望などによって異なります。

任意整理のデメリットは5つだけ|本当はデメリットじゃないことも??

任意整理の無料3分診断

まとめ

任意整理と自己破産の違いまとめ

任意整理と自己破産では借金がゼロになるか否かが大きな違いとなるでしょう。

任意整理は元金を支払っていかなければいけない分デメリットは殆どありませんが、自己破産では財産を失うなどのデメリットは非常に大きいものとなります。

あなたの借金額や返済能力によって適切な選択をするわけですが、任意整理によって返済計画が良化できるのであれば、それが望ましいでしょう。

相談!My任意整理のTOPページはこちら

執筆者情報

司法書士・行政書士 山口 広樹
司法書士・行政書士  山口 広樹

横浜市出身で司法書士・行政書士15年目。
かながわ総合法務事務所の代表。
債務整理や過払い金請求を専門にし、累計の解決実績5000件以上。

・司法書士(神奈川県会2376号)
神奈川県司法書士会の会員ページはこちら

・行政書士(神奈川県会4407号)
日本行政書士会連合会の会員検索ページはこちら

かながわ総合法務事務所のHPはこちら
ブログはこちら