保証人に迷惑かけずに任意整理できる?自分が保証人の場合は?

任意整理は保証人に迷惑がかかる?

「借金の保証人に連絡はいきますか?」

「連帯保証人になっている親に迷惑はかかりますか?」

身内に任意整理することを知られたり、催促がいくのは何が何でも避けたいですよね。

保証人に迷惑がかかるのを気にして、任意整理を行っていない方や躊躇っている方も多いことでしょう。

そもそも借金の保証人はどこまで支払いの義務を負うのか知っていますでしょうか?

任意整理の無料3分診断

保証人と連帯保証人は異なる


保証人と連帯保証人は、借金している本人である主債務者が返済できなくなってしまった際に、代わりに返済をするということは共通しています。

それでは、違いは何になるのでしょうか。

まず、初めに連帯保証人の方が責任は大きいということを念頭に置いてください。

保証人と連帯保証人は異なる

大きく分けて3つが異なり、重くのしかかります。

①主債務者の状態に関わらず貸金業者からの請求を断れない
貸金業者からいきなり請求が来たとしても、それに対応する必要があります。
保証人であれば、『まずは主債務者に請求をしてください』と主張することはできますが、連帯保証人であれば、仮に主債務者に返済意思があったとしても貸金業者に従う必要があります。
つまり、主債務者と同等の返済責任を負うこととなります。

②主債務者に返済能力があるにも関わらず請求されても断れない
保証人は、主債務者に返済できる資力があると、財産の強制執行を要求することができます。
つまり、『主債務者は高価な車を所有しているから、それを売り払って返済にあててください』みたいなことを言えます。
しかし、連帯保証人は主債務者の資力に関わらず、請求されるとそれに対応しなければなりません。

③複数の保証人がいても全額返済の義務がある
借金には一人の保証人として不十分である場合は保証人が複数人つくことがあります。
主債務者が返済不能となったとますと、保証人であれば借金額を保証人数分で等分した額を支払う義務がありますが、連帯保証人の場合は保証人の数に関わらず全額を支払わなければなりません。
仮に500万円の借金に対して、3人の連帯保証人がついている場合は、主債務者が返済不能となると3人とも500万円づつ支払わなければならないということです。
4人の保証人と1人の連帯保証人であれば、保証人は100万円づつ、連帯保証人は500万円になります。

借金の保証人とは普通、連帯保証人のことを指しますが、連帯保証人は主債務者と同等の責任を負うこととなりますので、任意整理をすると保証人に請求がいくことになり、大変な迷惑がかかることとなります。

借金500万円の任意整理
車を残して任意整理はできる?

任意整理の無料3分診断

保証人付きの借金は任意整理の対象から除外

保証人付き借用書

保証人には借金をした人(債務者)の返済が約束(契約)通りにされなかった場合に、債務者に代わって借金を支払う義務を負います。

つまり、債務者が借金を返せなかった場合には、保証人が返さなければいけないということです。

これだけを見るとやはり任意整理をすると保証人や連帯保証人に迷惑がかかってしまうんじゃないかと思ってしまいますよね…。

大丈夫です。

保証人に迷惑をかけずに任意整理はできる方法があるのです。

債務整理にはいくつか手段があり、その中の個人再生、自己破産は全ての借金を対象としなければいけないため、保証人に対して一括支払いの請求がいってしまい、保証人も支払えないと、保証人も債務整理することを考えなければなりません。

しかし、任意整理は、整理対象を自分で選択できるというメリットを有しているため、保証人付きの借金は除外できるのです。

例えば、あなたに以下のような借金があるとしましょう。

1.カード会社A 50万(保証人:なし)
2.カード会社B 100万(保証人:なし)
3.銀行C 200万(保証人:親)

上記の場合、任意整理を行って1と2の合計150万円を3~5年で支払い、銀行Cはこれまで通り支払うことが可能ということです。

5年(60回払い)での返済で和解をしましたら、毎月2万5千円を返済してきます。

銀行C(保証人がついている借金)を除いて任意整理をするので、当然親に迷惑がかかることはなく、バレることもないのです。

銀行Cも任意整理をすることは勿論可能ですが、保証人である親に請求が行くこととなりますので、任意整理をする意味がありません。

もし仮に、親が支払い不能であれば任意整理を含めた債務整理を親も視野に入れなければなりません。

つまり、保証人付きの借金は任意整理する意味がないため、保証人が付いていないものだけで行うようにしましょう。

任意整理のデメリットは5つだけ|本当はデメリットじゃないことも??

奨学金は任意整理から外す必要がある


保証人がつく借金としては奨学金が挙げられます。

奨学金は、今や学生のおよそ半数が利用しているため、多くの方が社会人になってから返済しています。

奨学金が払えない…というニュースもよく目にするぐらい、奨学金の負担は大きなものです。

しかし、奨学金を返済できなくなった際に起こることを全て理解している方はあまりいないのではないでしょうか。

奨学金は任意整理から除外

結論、奨学金は任意整理することができないです。

奨学金が返済できなくなると以下の順番で事が進みます。

1.奨学金の延滞
2.延滞金の発生
3.保証人に連絡
4.3ヶ月以上滞納で信用情報に登録(ブラックリスト)
5.一括支払いの請求
6.法的措置

奨学金の返済が滞ると2.5~10%の延滞金が発生します。

借りていた奨学金の種類にもよりますが、300万円の奨学金を借りていたとしたら最悪の場合、30万円の延滞金が発生することになります。

次に、奨学金を借りる際に人的保証(身内を保証人に指定)を選択している場合、保証人に連絡がいき、全額請求が行われることになります。

その後、滞納の期間によって個人情報に滞納の事実が記録され、クレジットカードの停止、ローンが組めない、スマホ代金等の分割払いができなくなります。

さらに滞納すると、これまで分割で支払ってきた奨学金の残金を一括で請求されることになります。

その場合、先ほど説明しました延滞金を含めた金額が請求されることになります。

最終的には法的措置を取られ、給与・財産の差し押さえ、訴訟となっていきます。

つまり、奨学金は任意整理を行えない借金の一つということです。

また、奨学金の利息は、消費者金融と比べるとかなり低く設定されていますので、任意整理の特徴である利息のカットという恩恵は受けられないことからも、殆ど意味が無いとも言えるでしょう。(そもそも日本学生支援機構や保証会社は任意整理を受け入れない姿勢です。)

奨学金は任意整理できる?
学生でもできる任意整理|でも条件が・・・
借金300万円の任意整理

任意整理の無料3分診断

任意整理しても保証人になれるのか?

保証人になれる対象

自分が誰かの保証人になるというケースもあることでしょう。

それでは、自分が任意整理していると、保証人にはなれるのでしょうか?。

答えはNOです。

保証人になるにも審査があり、万が一主債務者が返済不能になった場合は保証人が返済しなければいけません。

任意整理をしているとブラックリスト(個人信用情報機関に金融事故として登録)に載るのですが、保証人の審査においてそれを調べられます。

【任意整理している=金銭的信用は低い】と見なされるので、任意整理している人は保証人として認めてもらえないということです。

※賃貸住宅の連帯保証人にはなることができます。

ブラックリストを丸裸!任意整理のデメリットまとめ

任意整理の無料3分診断

まとめ


保証人が付いている借金は任意整理をすると、保証人に請求がいくことになり迷惑をかけるのでやめましょう。

任意整理のメリットは、自由に整理対象を決められることなので、保証人の付いていない借金だけを選択し任意整理するようにしましょう。

また、任意整理をすると誰かの保証人になることができないことは念頭に置いておきましょう。

任意整理は保証人に迷惑がかかるかの説明

借金をしてから何年も経ち、保証人が付いているかどうか記憶にない場合は、貸金業者に問い合わせたり、個人信用情報機関から取り寄せることが可能です。

任意整理の手続きは、司法書士や弁護士に依頼することになり、そのタイミングで並行して調べてくれます。

保証人に迷惑がかからないよう細心の注意を払うことを考慮して、司法書士や弁護士相談することをおすすめします。

一部の借金だけ対象にできる任意整理

相談!My任意整理のTOPページはこちら