任意整理の減額効果!毎月の支払いがどのくらい減る?

減額イメージ

「任意整理の具体的な減額例を知りたい」
「任意整理で減額できる仕組みを知りたい」

債務整理の中でも一番手軽に行える任意整理。

任意整理は、裁判所を介さずに、司法書士や弁護士がカード会社(クレジットカード会社、消費者金融、銀行)と直接減額交渉を行うので、官報に掲載されることがなく、家族や職場に知られることなく行うことが特徴です。

裁判所が介さないのであればそんなに減額できないのでは?

こんな声も聞こえてきそうですが、任意整理をすると実際にどれくらいの減額が見込めるのか解説していきましょう。

任意整理の無料3分診断

任意整理で減額できるのは?

任意整理で減額が期待できる要素は大きく分けて2つ。

将来利息分と過払い金分です。それでは、それぞれ詳しく説明していきましょう。

将来利息のカットで毎月の返済額を減額

まず、任意整理を行うと、将来利息のカットを行うことができます。

将来利息とは、何も行わずに現状のまま返済を続けていくと完済まで発生し続ける利息のこと。

この将来利息がカットできるということは、今後一切利息がかからないとういうことなので、あなたの借金返済額を大幅に減額することができるのです。

例えば、あなたに200万円の借金があるとしましょう。

仮に金利を15%として、5年(60回)で返済しようとすると、月々の返済額は4.8万円となり、返済総額は約285万円になります。

当然、285万円の内の85万円は利息ですので、任意整理をすると85万円をカットすることができるのです。

借金返済に苦しんでいる場合によく耳にするのが、「利息の返済だけで精一杯で、一向に借金の残金が減らない」というケース。

このようなケースでは、将来利息のカットが非常に効果的。

任意整理で将来利息をカットしてもらえば、確実に元本を減らすことができ、着実に完済に向かうことができるのです。

さらに、任意整理では返済期間を組み直すことができます。

一般的には3~5年(36~60回)分割での返済となりますが、カード会社によっては6年以上に組み直せることもあります。

長期での返済期間に組み直せることで、毎月の返済額をガクッと減額することが可能です。

過払い金があれば元本も減額

任意整理では、過払い金の計算を同時に行います。

過払い金とは、法外に払い過ぎていた利息のことで、主に2007年以前から借金をしている場合には過払い金が発生している可能性があります。

任意整理の手続きでは、この過払い金がいくらあるかを計算し、払いすぎていた分、借金の返済に充てることができます。

なかには、過払い金の計算によって借金がゼロになったり、余分にお金が戻ってきたりするケースもあります。

ですので、任意整理をする際は、自分がいつから、どこでお金を借りているのかを、司法書士・弁護士に伝えて、過払い金が発生しているかどうか確認してみましょう。

まとめますと、任意整理を行うと、

「将来利息がカットでき、完済に向かいやすくなる」
「返済期間の組み直しによって、毎月の返済額を抑えることができる」
「過払い金があれば、返済額を減らせる可能性がある」

ということです。

一般的に任意整理は、利息の全カットと5年での分割払いで和解(交渉がまとまる)することが多いですが、消費者金融やクレジットカード会社によっては、短期間での返済計画でしか応じてくれないところもあります。

任意整理を応じてもらえない可能性としては、大きく分けて2点あり、直近で借り入れをしている場合と交渉相手が闇金である場合です。

直近で借り入れをしている場合は、消費者金融は殆ど利息を得られておらず、利益を確保できていないため断られます。

闇金の場合は、利息も含めて強引に全て回収しようとして、そもそも交渉にもならないことがあります。

任意整理について詳しくはこちら
任意整理の手続き期間と任意整理後の返済期間はどれくらい?
任意整理の流れと必要なもの|流れを事前に把握して不安を解消!!
過払い金対象者とは?過払い金が発生するケース!

「どのカード会社から」「総額いくら」「いつから」借り入れているかによって、任意整理によって分割できる回数は変動します。自分は任意整理するとどうなるか詳しく知りたい方は無料3分診断をご利用ください。

任意整理の無料3分診断

任意整理の具体的な減額例

先ほども確認した通り、任意整理で減額できるのは、将来利息+過払い金です。

2007年以降から利用を始めた方や、クレジットカードのショッピング利用、銀行のカードローンを整理する場合は、過払い金発生の可能性がないので、将来利息のカットのみとなります。

では、実際どの程度返済額が減額されるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

任意整理の事例…借金300万円Oさん

(内訳)楽天カード…100万円
オリックスクレジット…80万円
ゴールドポイントマーケティング…50万円
三菱UFJニコス…50万円
アプラス…20万円
⇒月々の返済額…8万5千円
⇒完済時の総額…410万円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

★任意整理の結果★
楽天カード…将来利息カット 1万2千円×84回払い
オリックスクレジット…将来利息カット 1万2千円×67回払い
ゴールドポイントマーケティング…将来利息カット 9千円×56回払い
三菱UFJニコス…将来利息カット 9千円×56回払い
アプラス…将来利息カット 4千円×50回払い
⇒月々の返済額…4万6千円
⇒完済時の総額…300万円

任意整理の事例…借金200万円Uさん

(内訳)アコム…50万円
プロミス…50万円
三井住友銀行…50万円
三井住友カード…50万円
⇒月々の返済額…5万6千円
⇒完済時の総額…270万円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

★任意整理の結果★
アコム…将来利息カット 9千円×56回払い
プロミス…将来利息カット 9千円×56回払い
三井住友銀行…将来利息カット 9千円×56回払い
三井住友カード…将来利息カット 9千円×56回払い
⇒月々の返済額…3万6千円
⇒完済時の総額…200万円

上のふたつの事例を見てもわかりますが、最近の任意整理では、過払い金が発生しないケースが多いです。

過払い金は、2007年以前の消費者金融からの借り入れにしか発生しません。

すでに2010年の出資法の改正から8年が経ち、それ以前からの借り入れの返済が苦しいという方は、かなり少なくなってきています。

しかし、だからといって、任意整理に効果がない、というわけではありません。

事例としてご紹介した2つについても、完済時の総額の減額と、毎月の返済額の減額ができ、かなりの余裕が出ていることが分かるでしょう。

実際、Oさんの場合は、月々の返済額が半分になっています。

たとえ過払い金発生の見込みがないとしても、任意整理をする価値は十分にあるということです。

プロミスの任意整理について
楽天カードの任意整理について

任意整理の注意点

手軽に返済額を減らすことのできる任意整理ですが、注意すべき点があるので、あらかじめ確認しておきましょう。

ブラックリストに載る

任意整理をするとブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストとは、国の機関が管理している信用情報に債務整理などの事故情報は登録されている状態のことで、任意整理の場合は約5年間登録され、その間は新たな借金ができません。

当然、クレジットカードの利用や住宅ローン・自動車ローンを組むこともできなくなります。

もちろん、ブラックリストの期間が終われば、いずれも利用できるようにはなりますが、カード会社には非公式の社内ブラックという自己管理システムが存在し、これに記録が残ってしまうので、任意整理を行ったカード会社との再契約は難しいでしょう。

ブラックリストと社内ブラックに載ることは、他の債務整理を選択しても同じであり、個人再生や自己破産でも同様のリスクが付きまといます。

車を残して任意整理
任意整理は住宅ローンに影響するのか?
ブラックリストを丸裸!任意整理のデメリットまとめ

減額効果が他の債務整理に比べると少ない

自己破産や個人再生といった、他の債務整理の方法に比べて、任意整理は減額効果が少ないです。

自己破産は、借金がゼロになりますし、個人再生では借金が1/5~1/10程度に減額できる可能性があります。

しかし、減額効果の大きい自己破産や個人再生は、財産を没収されたり、裁判費用がかかったりと、任意整理に比べて非常に大きなリスクを伴います。

出来るだけ少ないリスクで借金を減らしたいという方には、任意整理がおすすめです。

もちろん、借金の額によっては任意整理では効果がなく、個人再生や自己破産が適している場合もあるので、よく検討する必要があります。

失敗する可能性がある

任意整理には裁判所の強制力がないためカード会社との交渉が失敗する可能性があります。

自己破産や個人再生の場合は、裁判所が間に入って進められるため、カード会社もあなたも、裁判所の命令に従わなければなりません。

しかし、任意整理は、カード会社とあなた(通常はその代理人の司法書士・弁護士)の直接交渉になります。

ですので、要求した条件が受け入れられないことや、任意整理自体が受け入れられないこともあります。

一度交渉に失敗すると、その借金に関しては、任意整理以外の手段を取らざるを得なくなってしまいます。

それを避けるためにも、司法書士・弁護士は慎重に選んだ方が良いです。

※小規模個人再生には、債権者に反対権が認められているため、手続きが失敗に終わる可能性があります。

任意整理のデメリットは5つだけ|本当はデメリットじゃないことも??
任意整理に失敗するケースと失敗しないための回避法

「どのカード会社から」「総額いくら」「いつから」借り入れているかによって、任意整理によって分割できる回数は変動します。自分は任意整理するとどうなるか詳しく知りたい方は無料3分診断をご利用ください。

任意整理の無料3分診断

まとめ

任意整理を行えば、苦しい月々の返済を軽くすることができます。

任意整理によって減額できるのは、将来利息のカットと過払い金分です。

また、他の方法に比べてリスクが格段に小さいので、自己破産や個人再生に追い込まれてしまう前に、一刻も早く任意整理で解決することが理想的です。

そのためにも、一人で抱え込まず、返済が苦しいと思ったら、すぐに司法書士・弁護士に相談すると良いでしょう。

相談!My任意整理のTOPへ