借金一本化よりも圧倒的にお得な任意整理

借金

「多重債務で苦しい・・任意整理か一本化のおまとめローンにするか悩むなぁ・・」

「任意整理とおまとめローンでは結局どっちがお得なのだろうか?」

多重債務で苦しんでいる方で、おまとめローンで借金をまとめるか、任意整理をして完済まで走りきるか、どちらにすべきか悩んでいる方もいるでしょう。

最終的には、「ブラックリストに載る」というデメリットと、「利息をカットする」というメリットを天秤にかけて判断することになるでしょう。

とは言うものの、この情報だけでは判断がつかないですよね。

そこで今回は、任意整理と借金の一本化を比較してどちらがお得なのかについて解説していきましょう。

借金が払えないと感じた時の解決方法

任意整理の無料3分診断

任意整理とは?

まず、任意整理とはどのようなものか簡単にご説明しましょう。

任意整理は債務整理の中の一つであり、債務整理の中で最もリスクが少ない手続きです。

任意整理は、あなたとカード会社の和解によって進める手続きで、基本的には弁護士や司法書士が間に入って和解を取り持ちます。

任意整理をすることで、借金の利息や遅延損害金をカットでき、毎月の返済額を調整して無理のない返済計画を立てることができるようになります。

その他、一部のカード会社の借金だけ整理の対象にすることができたり、人に知られずに手続きを進められるというメリットもあります。

なお、他の債務整理(個人再生・自己破産)では、全てのカード会社の借金を整理対象にしなければならず、また、官報という国の新聞のようなものに載ってしまうため、人にバレてしまう可能性も否定できません。

デメリットとしては、ブラックリストに載ってしまうため(5年)、その期間は新たにカードを作ったり、利用したりすることができない点が挙げられます。

任意整理の概要はこちら
家族にバレず借金を解決するなら任意整理

職場にバレず借金を解決するなら任意整理

おまとめローンとは?

借金の一本化といえば「おまとめローン」が代表的でしょう。

おまとめローンは、その名の通り、カード会社を一つにまとめて借金を一本化するためのものです。

おまとめローンは返済先を一つにまとめることができるので管理が楽になり、今より低い金利でまとめられれば返済額においてもメリットが得られるでしょう。

借金もうできない!ピンチのときに取るべき手段

任意整理とおまとめローンの違い

任意整理や借金一本化のおまとめローンについて、大まかにご理解いただけたと思います。

それでは、任意整理とおまとめローンは具体的に何が違うのでしょうか。

どちらも借金を返済していくことで共通しているため、違いをあまり意識しない人もいるようですが、違いをしっかりと理解しておかないと後になって後悔することになってしまいます。

そのようなことにならないよう、ここで違いを抑えておきましょう。

返済額の違い

任意整理と借金一本化おまとめローンの最大の違いは、その返済額と言えるでしょう。

任意整理は利息をカットすることができるので、任意整理後は借金の元金だけを返済していけばよいですが、おまとめローンはただ借金をまとめているに過ぎないので、今まで通り金利も含めた額をを返済していかなければなりません。

任意整理は利息をカットしているので、最終的な返済総額も、当然おまとめローンよりも少なくなります。

例えば、あなたが借金180万円を利息15%のおまとめローンでまとめて、毎月3万円返済していくとすると、返済回数は112回で9年以上もかかる計算になります。

トータルの返済額で言えば約336万円ということですね。

つまり、利息だけで156万円も払っていることに気づいていただけるでしょう。

一方、任意整理であれば、利息は全てカットすることができるので、元本の180万円だけを返済していけばよいことになり、毎月3万円返済していけば60回の返済で済むことになります。

年数にして5年ですね。4年の差はだいぶ大きいでしょう。

このように、返済総額を冷静に考え直すことで、結果的に任意整理にたどり着くというケースがほとんどのケースと言えます。

借金一本化おまとめローンをする際に、消費者金融の借金を銀行系カードローンでまとめると金利が多少下がる可能性はありますが、あまり減額効果は感じないでしょう。

結局、利息をカットできる任意整理とおまとめローンでは返済額においては大幅な差が生まれるわけです。

任意整理の体験談
任意整理の目安は?いくら借金があると検討すべき?
任意整理の減額効果!毎月の支払いがどのくらい減る?

任意整理の無料3分診断

ブラックリストについて

任意整理も借金一本化おまとめローンも、借りたお金を返済していくことにはなりますが、任意整理は利息をカットできるというメリットは非常に大きいのです。

しかし、任意整理はブラックリスト入りするというデメリットは免れることができません。

一方、おまとめローンであればブラックリストに載ることはありませんので、利息も含めた額を返済していく自信のある方はおまとめローンでもよいでしょう。

なお、ブラックリストに載る期間は5年で、5年が経過すればカードを作ったり、利用したりすることもできるようになります。

ちなみに、ブラックリスト入りしている間はクレジットカードを作ることができませんが、デビットカードであれば利用可能です。

クレジットカードでなければお買い物できないネットサービスなどもありますが、デビットカードを申し込んでおけば不自由することも少ないでしょう。

ブラックリストを丸裸!任意整理のデメリットまとめ

任意整理か?おまとめローンか?

ここまで、任意整理と借金一本化おまとめローンにについて解説してきましたが、実際のところ任意整理とおまとめローンを比較したら、どちらを選択すべきなのでしょうか。

まず、一つの選択肢として、利息も含めた額を返済していく上で問題のない収入があるのであればおまとめローンで返済していくことが良いでしょう。

ブラックリスト入りするリスクもありませんしね。

しかし、「毎月の返済が苦しい」という方は間違いなく任意整理を選択すべきでしょう。

前述したとおり、冷静に計算してもらえれば毎月の返済額も、トータルの返済額も大幅に減額されますので。

なお、毎月の返済が苦しい方にとっては、ブラックリスト入りすることも考え方によってはプラスに捉えることができます。

毎月の返済が苦しい方は、ある程度の「借金癖」がついていると思われますので、まずはその癖を取り払わないと根本的な解決にはならないでしょう。

つまり、ブラックリスト入りしている5年間は借金ができないので、その期間を再起するための期間と考えればよいわけです。

デビットカードがあればクレジットカードがない不自由さもないでしょうし。

下手に借金ができる状態に身を置いていると、借金癖のある人はついつい借りてしまうものです。

実際、返済で苦しんでいる方の多くがいまだに完済できていませんが、原因はそのあたりにあるでしょう。

もし、毎月の返済で苦しんでおり、5年以内にローンを組む予定のない方は任意整理をすることが最善の道と言えるでしょう。

任意整理の流れと必要なもの|流れを事前に把握して不安を解消!!
任意整理ののデメリットは5つだけ|本当はデメリットじゃないことも??

任意整理の無料3分診断

まとめ

・任意整理と借金一本化おまとめローンの最大の違いは返済額
・任意整理のデメリットはブラックリストに載ること
・毎月の返済が苦しい方は任意整理を選択すべき

相談!My任意整理のTOPページはこちら