グレーゾーン金利

出資法未満、利息制限法以上の金利のことです。以前はこの2つの法律で定めている上限金利に差がありました。出資法では元本に関わらず上限を29.2%、利息制限法では元本10万円未満の場合は20%、元本10万円~100万円の場合は18%、元本100万円以上の場合は15%を上限としていました。出資法に違反すると罰則がありましたが、利息制限法に違反しても罰則がなかったため、多くの消費者金融やクレジットカード会社は出資法で定められている上限金利を基準に貸し付けを行っていました。平成22年(2010年)にグレーゾーン金利は撤廃されています。