利息制限法

借金の利息の条件を定めた法律のことです。利息制限法では、借金の元本10万円未満の場合は20%、元本10万円~100万円の場合は18%、元本100万円以上の場合は15%を上限としています。