出資法

出資法は、正式名称「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」であり、高金利貸し付けを行う貸金業者に、一定の歯止めをかけるために1954年に制定されました。制定当時は、年利109.5%を上限金利としていましたが、2010年6月18日以降から20.0%が上限金利となっています。