上限金利

法律で決められた金利の上限のことをいいます。利息を定める法律は「出資法」と「利息制限法」の2種類あり、2010年以前は、それぞれの上限金利が年利29.2%と15〜20%と大きく差が開いていました。そのため、高金利(いわゆるグレーゾーン金利)でお金を貸し出すカード会社が多く、問題視されていました。2006年に法が改正され、現在は出資法の上限金利が年利20%、利息制限法の上限金利は年利15〜20%となり、グレーゾーン金利による貸出はなくなりました。グレーゾーン金利による払いすぎた利息は「過払い金」と呼ばれ、返還請求ができる場合もあります。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください