抵当権

抵当権とは、主に、住宅ローンでお金を借りた際に、家と土地をその借金の担保として確保しておくためのものです。住宅ローンが支払えなくなったり、滞納してしまうと、ローンを組んだ会社や銀行に、その家と土地を没収されてしまいます。抵当権は、ローンを組んだ会社や銀行が損をしないように設定されたもので、没収した家や土地は競売にかけられ換金され、ローンの残債に充てられます。それでも足りない分は借金となります。
住宅ローンを無事に全て完済すると、抵当権は何も意味を為さなくなるため、「抵当権抹消登記」という作業を行えますので、これで抵当権を外すことが出来ます。