免責不許可事由

自己破産において、借金を帳消しにできない理由のことです。破産法の252条で定められており、浪費での借金や、保有財産の隠蔽などがこの免責不許可事由にあたります。