過払い金

消費者金融やクレジットカード会社に払い過ぎた利息のことです。借金の金利は、利息制限法という法律で上限が決まられていますが、昔はこの上限以上の金利で貸し付けが行われていました。主に平成19年(2007年)よりも前に借金をしていた方は過払い金が発生する可能性があります。銀行のキャッシングやクレジットカードのショッピングには過払い金は発生しないので、注意が必要です。