所有権留保

所有権留保とは、商品の代金を完済するまで、所有権は売り主であるという制度です。主に車やバイクをローン購入した際に設定されており、ローンを完済するまでは、車やバイクは購入者のものにはなりません。完済をして初めて購入者に所有権が移ることになります。所有権留保の効力として、ローンが支払えなくなったり、滞ったりすると、没収できるというものがあり、売り主が損をしないようになっているのです。車やバイクのローンが残っていて、それらを債務整理の対象にすると、「ローンが支払えない」に該当するため、車やバイクは没収されるということです。没収された車はお金に換えられ、ローン残額の不足分は借金として残ります。