債権者平等の原則

1人の債務者(借金をしている人)に対して複数の債権者(お金を貸している人や会社)がいる場合に、全ての債権者が同じように扱われるというものです。債権者には、借金の原因・期間・時期に関わらず、借金額に応じて平等に返済を受ける権利があります。